B型肝炎

種類:不活化ワクチン・任意接種

予防する病気:B型肝炎

日本では、B型肝炎ウイルスの感染者数は約100万人とされていて、世界全体で考えると約3億人が感染しているとされています。

怖いのは、B型肝炎ウイルスに感染後、慢性肝炎になると長期にわたる治療が必要になるだけでなく、最悪の場合は急性肝炎から劇症肝炎を起こしたり、肝硬変や肝臓がんなどの命にかかわる病気を引き起こすことがあります。

日本では1986年に母子感染防止策としてB型肝炎に感染しているとわかった(キャリアの)母親から子供に感染するのを予防するために、生後2日以内に抗HBs人免疫グロブリン(HBIG)を投与して、その後B型肝炎ワクチンを接種してきました。

日本ではB型肝炎にかかる確率は低いとされてきましたが、実際のところは毎年約2万人(大人を含む)の感染者がいると推測されています。

日本では今まではキャリアの母親から子供への感染の予防を考えられてきましたが、実際には母子感染や輸血だけでなく、感染の危険があることがわかってきました。特に3歳以下の子どもが感染すると、キャリア(ウイルスを体内に保有した状態)になりやすく、またキャリアになると慢性肝炎になるケースがあります。これは遺伝子型Aといってキャリアになりやすいとされています。

WHO(世界保健機関)は、1992年に、世界中の子どもたちに対して、生まれたらすぐにこのワクチンを国の定期接種として接種するように指示しており、今ではほとんどの国で定期接種になっています。

今後日本でも平成28年度からB型肝炎ワクチンの定期接種に組み込まれる予定となっていますが、それを待たずに早めの接種を推奨しています。この場合は自費になります。

 

接種時期:計3回(3回の接種で十分な免疫が得られるので、受けるときは必ず3回きっちり受けましょう。)

  • 1回・2回: 生後2ヶ月頃から4週間隔
  • 3回: 1回目から20~24週経ってから

接種方法

皮下注射

副反応

他のワクチン同様に稀に注射部が赤くなったり、腫れたり、疼痛など局所症状が見られますが、自然に治ります。また、稀に発熱することがありますが、多くは2~3日で解熱します。

ワクチンの成分
→ B型肝炎ワクチンの成分についてを御覧ください

メモ:

ワクチンの効果は10~20年前後といわれているので、10~15歳頃に追加で接種するのが望ましいといわれています。

ワクチン情報:

組換え沈降B型肝炎ワクチンは2つの製薬会社から出ており、化血研(日本)とMSD(アメリカ製薬会社の日本法人)です。1つは日本製でもう一つは輸入したものになります。