3種混合ワクチン(DPT)

まず最初に、平成24年(2012年)9月に不活化ポリオワクチンが導入され、その後11月からは以前の3種混合に不活化ポリオワクチンを加えた4種混合になり、定期接種となりました。

以前は3種混合ワクチンとポリオワクチンは別々のワクチンでしたが、ポリオ生ワクチンによるワクチン由来の麻痺が生じる場合があったので、生ワクチンに変わる不活化のポリオワクチンが定期接種に組み込まれました。その後3種混合ワクチンに不活化ポリオワクチンを加えた4種混合ワクチンとして定期接種となりましたが、4種混合として定期接種で受けられるようになる前にすでに単独で不活化ポリオワクチンを受けていたり、3種混合ワクチンを1回でも受けていた場合は、3種混合ワクチン、不活化ポリオワクチンとして別々に受ける措置が取られています。

種類:不活化ワクチン・定期接種

予防する病気:ジフテリア、百日咳、破傷風

百日咳は小さい子供が罹ると、重症化する大変怖い病気の1つです。大人の間でも罹り流行することもあるため、できるだけ早く予防接種を受けることが望ましいです。

接種時期

1期と2期があり、計4回接種します。

1期:生後3ヶ月から接種でき、20~56日の間隔で3回受けます。

2期:初回接種終了後6ヶ月経ってから追加で1回受けます。

回数

計4回(1期3回+2期に追加で1回)

接種方法

上腕の皮下に注射します。

副反応

接種したところが赤くはれたり、しこりになったりする場合があり、1回目より回数を重ねた時の方が腫れやすいと言われています。

だいたいは日が経てば自然と治りますが、子供の機嫌が悪かったり、腫れがひどいような場合は医療機関に受診しましょう。

成分
 → 調査中