四種混合ワクチン(DPT-IPV)

まず最初に、平成24年(2012年)9月に不活化ポリオワクチンが導入され、その後11月からは以前の3種混合に不活化ポリオワクチンを加えた4種混合になり、定期接種となりました。

種類:不活化ワクチン・定期接種

予防する病気:ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ

百日咳は小さい子供が罹ると、重症化する大変怖い病気の1つです。大人の間でも罹り流行することもあるため、できるだけ早く予防接種を受けることが望ましいです。

接種時期

1期と2期があり、計4回接種します。

1期:生後3ヶ月から接種でき、20~56日の間隔で3回受けます。

2期:初回接種終了後6ヶ月経ってから追加で1回受けます。

回数

計4回(1期3回+2期に追加で1回)

接種方法

上腕の皮下に注射します。

副反応

接種したところが赤くはれたり、しこりになったりする場合があり、1回目より回数を重ねた時の方が腫れやすいと言われています。

だいたいは日が経てば自然と治りますが、子供の機嫌が悪かったり、腫れがひどいような場合は医療機関に受診しましょう。

ワクチンの成分
→ 四種混合ワクチン(DPT-IPV)の成分についてを御覧ください

ワクチンについて:

単独の不活化ポリオワクチンはソーク株(自然株)というポリオウイルス(wIPV)を使用して作られていますが、四種混合ワクチンに含まれている不活化ポリオワクチンには、セービン株というポリオウイルス(sIPV)を使って作られています。同じポリオワクチンでも元の製造株が違うのです。厚生労働省は、違う種類の不活化ポリオワクチンを接種して場合でも、有効な免疫力を獲得できることが確認されているとの見解を示しています。

(ちなみに以前のポリオの生ワクチンはセービン株から作られていました。)

生ワクチン(以前のワクチン)由来のポリオ発症:

昔に野生株のポリオが流行していた時代は、ポリオ生ワクチンは非常に有効なものでした。しかし2000年に日本でもポリオ根絶宣言がされた後も、ポリオを発症した患者がいました。それはすべてポリオ生ワクチンを接種したことにより発症したものです。486万人に1人の割合と言われていますが、ポリオの予防の為に受けた予防接種でポリオに罹り麻痺が残ってしまうケースがあるというのは受ける側にとっても決して容認できるものではありません。そこで、不活化ワクチンが開発されて定期接種にも組みこまれました。不活化ワクチンによってポリオを発症したり、麻痺が起きたりすることはありません。