阪大微研(水痘ワクチンの成分)

一般的名称:乾燥弱毒生水痘ワクチン

製造販売:一般財団法人 阪大微生物病研究会

販売:武田薬品工業株式会社

販売名:乾燥弱毒生水痘ワクチン「ビケン」

販売開始:1987年3月

薬効分類名:ウイルスワクチン類

概要:

本剤は、弱毒生水痘ウイルス(岡株)をヒト二倍体細胞(MRC-5)で培養増殖させ、得たウイルス浮遊液を精製し、安定剤を加え充填した後、凍結乾燥したものである。
なお、本剤は製造工程でウシの血液由来成分(血清)、乳由来成分(ラクトース)及びブタの膵臓由来成分(トリプシン)を使用している。

効能・効果:水痘の予防

組成:本剤0.5mL中の成分

有効成分:

  • 弱毒生水痘ウイルス(岡株) 1000PFU以上

添加物:

  • 塩化ナトリウム 1.14mg
  • 塩化カリウム 0.03mg
  • りん酸二水素カリウム 0.29mg
  • リン酸水素ナトリウム水和物 3.14mg
  • 精製白糖 25.0mg
  • L-グルタミン酸ナトリウム 0.36mg
  • カナマイシン硫酸塩 7μg(力価)以下
  • エリスロマイシンラクトビオン酸塩(ウシの乳由来成分) 2μg(力価)以下

ウイルス培養に用いるBME培地には、1mL中カナマイシン硫酸塩100μg(力価)、エリスロマイシンラクトビオン酸塩30μg(力価)及びフェノールレッド5μgを含有する。

副反応:

  • 過敏症(頻度不明) 接種直後から翌日に発疹、蕁麻疹、紅斑、そう痒、発熱
  • 全身症状(頻度不明) 接種後1~3週間ごろ、ときに発熱、発疹、水泡性発疹が発現することがあるが、一過性で、通常、数日 中に消失する数日中に消失する。
  • 局所症状(頻度不明) 発赤、腫脹、硬結

重大な副反応:

  • アナフィラキシー(0.1%未満)
  • 血小板減少性紫斑病(0.1%未満)