インフルエンザ脳症

子供を持つほとんどの親は、インフルエンザ脳症が怖いと考えていると思います。そこで今回はインフルエンザ脳症について勉強したいと思います。
まず、インフルエンザ脳症というくらいですから、インフルエンザに罹って発症する病気です。残念ながら、なぜ発症するのか具体的なことはまだ解明されていません。

インフルエンザに罹った後、急激な発熱後に急速に意識障害などの症状が現れます。その間は発熱後約1.4日と短く、約30%が亡くなり、約25%が後遺症を残すと言われています。

インフルエンザウイルスが直接に脳を侵して発症するわけではないのです。

インフルエンザ脳症では、血中及び髄液の中に、サイトカインが増加することで発症するのではないかと推測されています。体の中でサイトカインという物質が産生され、血管内皮細胞が活性化され、障害されることにより血管の中に微小血栓が形成されると思われます。

結論として知りたいのは、

  • インフルエンザワクチンで脳症は防げるのか

です。

インフルエンザワクチンで脳症は防ぐという根拠はありませんでした。厚生労働省の見解では、インフルエンザ脳症を発症した事例の中で、ワクチンを受けていた人と受けていない人との間に有意な差はないので、ワクチンを受けることでインフルエンザ脳症の予防や重症化を防ぐという効果はわかっていないと述べています。ただ、インフルエンザに罹らなければインフルエンザ脳症にはならないから、ワクチンでインフルエンザの発症自体を少しでも防げるのであれば、論理的にはインフルエンザ脳症の発症も回避できるとも考えられると…。インフルエンザワクチンを2回受けていても、インフルエンザ脳症を発症した事例も複数報告されています。またこの中には、ワクチンによる抗体が十分に体の中にあったにもかかわらず、インフルエンザ脳症を発症した事例もありました。インフルエンザワクチンで、インフルエンザの予防はできても、インフルエンザ脳症そのものを防ぐことはできないということです。

インフルエンザに罹ったとき、絶対に使ってはいけない解熱剤:非ステロイド性消炎剤

  • 製品名:ボルタレン、ブレシン等(ジクロフェナクナトリウム)
  • 製品名:ポンタール(メフェナム酸)
  • 製品名:アスピリン(アセチルサリチル酸)

これは、インフルエンザ脳症を発症した患者で、このような非ステロイド性消炎剤のジクロフェナクナトリウムを使用した群と、使用しなかった群とで比較したとき、使用した群の方が死亡率が高いという研究結果があるからです。この結果から厚生労働省は、これらの非ステロイド性消炎剤を使用しないように通達しています。

使ってもよいとされる解熱剤:アセトアミノフェン

  • アルピニー
  • アンヒバ
  • カロナール等

子供が発熱したとき、それがインフルエンザによるものなのかどうかを、家族が見極めることは困難なので、15歳以下の子供に対しては、アスピリンなどを含まない解熱剤を使用するのが安全だといえます。

 

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>