化血研(日本脳炎ワクチン成分)

一般的名称:乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン

製造販売: 一般財団法人 化学及血清療法研究所

販売:アステラス製薬株式会社

販売名:エンセバック皮下注用(個人で購入できるものではありません)

販売開始:2011年4月

薬効分類名:ウイルスワクチン類

概要:

日本脳炎ウイルス をアフリカミドリザル腎細胞由来の株化細胞で増殖させ、得られたウイルスをホルマリンで不活化後、しょ糖密度勾配遠心及びクロマトグラフィーで精製し、安定剤を加えた後、凍結乾燥したもの。

なお、製造工程では、ウシの血液由来成分(血清)、ブタの膵臓由来成分(トリプシン)、ヒツジの毛由来成分(コレステロール)を使用している。

効能・効果:日本脳炎の予防

組成:本剤0.5mL中の成分

有効成分:

不活化日本脳炎ウイルス(北京株)

添加物:

塩化ナトリウム 2.73mg
リン酸水素ナトリウム水和物 1.56mg
リン酸二水素ナトリウム 0.10mg
ポリソルベート80 0.025mg
グリシン 1.0mg
乳糖水和物(ウシの乳由来成分) 25mg

副反応:

  • 接種部位が赤くなる、腫れる(5%以上)
  • 接種部位の内出血、硬結、疼痛、そう痒感(0.1~5%未満 )
  • 発疹(5%以上)
  • 紅斑、そう痒症、蕁麻疹(0.1~5%未満 )
  • 頭痛、気分変化(0.1~5%未満 )
  • 失神・血管迷走神経反応(頻度不明)
  • 咳、鼻水(5%以上)
  • 発声障害、鼻出血、鼻閉、咽喉頭疼痛、くしゃみ、喘鳴、咽頭紅斑(0.1~5%未満 )
  • 腹痛、下痢、嘔吐、食欲不振(0.1~5%未満 )
  • 嘔気(頻度不明)
  • 発熱(5%以上)
  • 異常感(0.1~5%未満 )
  • 倦怠感(頻度不明)

重大な副反応:

  • アナフィラキシーショック
  • 急性散在性脳脊髄炎
  • 脳炎・脳症
  • けいれん
  • 血小板減少性紫斑病