インフルエンザワクチン株の決定方法

インフルエンザワクチンを毎年接種している人もいらっしゃるとおもいますが、皆さんはどうやってワクチンの型を決めているかご存知でしょうか。

毎年WHO(世界保健機関)がその年のワクチンの推奨株を発表します。

それを参考に日本では国立感染症研究所等で検討された後今年のワクチン株を決定します。決定されたワクチン株を各ワクチンメーカーに分与されて製造が開始されるのです。

そうです、その年のワクチンの型を何ヶ月も前に推測して決定していることになります。

そしてインフルエンザの型は同じ型でも感染が拡がる中で少しずつ変異していきます。、

ということは、例え接種したワクチンと型が合っていたとしても、インフルエンザに罹ってしまうかもしれません。

これでは毎年ワクチン接種しているいてる人がたくさんいてもインフルエンザが流行するのもわかる気がしますね。

 

 

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>