インフルエンザワクチンの有効性について

インフルエンザワクチンの有効率は、毎年調査されて発表されていますね。

有効率については、毎年違うのは置いておいて、健康な成人ではだいたい約60%程度の発症予防とされています。

そこでその60%の意味をちゃんと理解しておく必要があります。

ワクチンの有効率が60%と聞くと、100人受けたら60人はかからないのかぁと思いがちですが、それは間違いです。

 

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>