空間除菌は本当に有効?安全性は?

新型インフルエンザのニュースが出たころからでしょうか、市場でもお部屋の空間除菌ができると謳った商品が出てきました。特に小さな子供がいる家庭では、空間除菌ができるなら使いたいと考えるとおもいますが、本当に部屋に置いておくだけで空間除菌できるのでしょうか。
二酸化塩素は強い酸化力を持っているので、プールの殺菌に使用されたりしていますが、インフルエンザやノロウイルスといった感染症の予防としてはどれだけの効果があるのかはわかっていません。

国民消費者センターでは、こういった商品に対して、使用中にどのくらいの二酸化塩素が放散されているのか等を調べて情報提供してくれています。まず、いろいろな状況が考えられる生活空間では、どれくらいの除菌効果があるのかは現状ではわからないと言っています。それ以前に、二酸化塩素の放散自体がほとんど確認できないものすらあったり、使用開始時に放散速度が大きくなるものがあったりと、使用するときの注意を促しています。

そもそも除菌のために使用されている二酸化塩素自体は本当に安全なのでしょうか?メーカーによると二酸化塩素は食品添加物であるから安全であるとの見解を示しているところもありますが、それが商品自体の安全性を示すものではないので誤解しないようにしないといけません。

安全性について、高濃度の塩素系ガスを直接吸い込むと、粘膜を刺激して喘息や気管支炎を引き起こす可能性が指摘されています。しかしこれらの二酸化塩素の吸入による健康への影響についてはデータが少ない現状があり、はっきりと確認できるものはありません。事業社によっては、乳幼児の近くでは使用を避けるべきだとしているところもあり、子供がいる家庭では使用自体に注意する必要があります。

このように安全性がきちんと確立されていない商品を使うよりは、加湿空気清浄機などで部屋の湿度を保ち、換気もして、きれいな空気を心がける方が良いと思いますね。

 

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>