子供の解熱剤のお話

子供が熱を出したとき、病院でもらった薬を飲ませると思いますが、だいたい解熱剤も一緒に処方されることが多く、「今家に解熱剤ある?」なんて解熱剤を使うことが当たり前のように言うお医者さんにも出会います。(悪いという意味ではありませんが…。)また少々の熱くらいなら、わざわざ病院に行かなくても市販の薬で済ませるという方もいるでしょう。私は子供が高熱を出していても水分が飲めて、ご飯も少し食べれてぐったりしていないときは解熱剤を使わずに様子を見ます。もちろん辛そうなときは解熱剤を使いますが。解熱剤のことを少し知ってもらって、今後の参考にしてもらえたらなぁと思います。

子供は大人と違って、病気によっては使ってはいけない解熱剤というものが存在します。例えば、水ぼうそうやインフルエンザなどの病気での発熱に対して解熱剤と使う場合、非ステロイド性消炎剤は使ってはいけません。小児科の先生から処方された薬であれば、先生がちゃんと考えて処方してくれるでしょうが、内科や他の科を受診した場合、知らずに処方されることがないとは言えません。親として解熱剤の知識を持っていることは大切なことです。

非ステロイド性消炎剤:

  • 製品名:ボルタレン、ブレシン等(ジクロフェナクナトリウム)
  • 製品名:ポンタール(メフェナム酸)
  • 製品名:アスピリン(アセチルサリチル酸)

アスピリンは子供に対して通常の解熱剤としては使用されてはいませんが、類似薬として、PL顆粒、幼児用PL顆粒、LLシロップ、PA錠があります。これらは水ぼうそうの子供には使用しません。理由としては、水ぼうそうのときに、アスピリン系の薬を使うと、重篤な脳障害(ライ症候群)をおこす可能性があるので使用禁止になっているからです。

解熱剤の中で問題がないであろうといわれている薬は、アセトアミノフェンです。これは、アンビバ、カロナール内服、アルピニー坐薬などです。

水ぼうそうの場合は、体にブツブツが出たりと割とわかりやすい病気だと言えますが、冬のインフルエンザ流行時にただの風邪なのかインフルエンザなのかを家族が見極めることは困難なので、15歳以下の子供に対しては、アスピリンなどを含まない解熱剤を使用するのが安全だといえます。

市販のかぜ薬の中にもアスピリン系の成分が入っているものがあり、それは使用できませんので気をつけましょう。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>