アデノイド増殖症について

咽頭扁桃とも呼ばれ、アデノイドとは鼻と咽の間にあるリンパ組織でのことで、扁桃組織のひとつで、粘膜との明瞭な境目はありません。誰にでもある組織ですが、特に幼児期に大きくなります。大きくなるピークは5歳前後とされていて、中学生くらいになるとほぼ萎縮してほとんどわからないくらいになります。
普通に生活していて、アデノイドが大きくなっていることに気づくことはありません。なぜなら鼻の奥の方にある組織で、鼻カメラやレントゲンでないと見れない場所にあるからです。アデノイドが大きいだけでは何も問題はありません。

子供が寝ているときにイビキをかいている(病気をしたり疲れたりしていないときに子供がイビキをかくことは基本的にはない)、睡眠時に呼吸が止まっている、ということで耳鼻科を受診して、初めてアデノイドや扁桃腺肥大かなということを言われてびっくり!アデノイドって何?という方が多いのではないでしょうか。

睡眠時の無呼吸など呼吸障害が高度な場合や副鼻腔炎の症状が強くなかなか治らない場合、鼻づまりがひどく集中力が常に低下している場合などに手術を勧めるとされています。

最近は、あまり積極的に手術を勧めることはないようです。様子を見ながら耳鼻科的治療をしながら、大きくなるのを待とうと言う医師が多いように思います。この考え方についてはすんなり納得できないなと思う部分はあります。手術については長くなるので別に詳しく書きます。(アデノイドの手術に対する考え)

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>