予防接種の種類

まず予防接種には大きく分けて2種類あり、生ワクチンと不活化ワクチンに分けられます。
それではまず生ワクチンと不活化ワクチンについてそれぞれ説明します。

ワクチンとは:
生きた細菌やウイルスの毒性を弱めたもので、これを接種することによってその病気にかかった場合と同じように免疫(抵抗力)ができます。
だいたい十分な免疫(抵抗力)ができるまでに1ヶ月程度と考えられているので、次回の予防接種(どの種類であれ)を受ける場合は約1ヶ月程度空けて接種します。
弱毒性のウイルスを接種しているので、細菌やウイルスの増殖がはじまることにより、その病気に軽く罹ったときのように発疹、発熱といった症状がでる場合がありますが、接種が原因で重大な病気にかかるということはほとんどありません。
生ワクチンは免疫不全者(水痘ワクチンを除く)および妊婦には禁忌となっているワクチンなので、該当者は注意が必要です。

生ワクチンの種類:

不活化ワクチンとは:
細菌やウイルスを殺して毒性をなくし、免疫(抵抗力)をつくるのに必要な成分を取り出してワクチン化したもので、体内で細菌やウイルスは増殖しません。そのため複数回の接種が必要です。予防接種開始の子供の月例によって、一定に間隔で2~3回接種し、約1年後に追加接種をして十分な免疫(抵抗力)ができることになります。
しかしながら、しばらくすると少しずつ免疫(抵抗力)が減ってしまいますので、長期に免疫(抵抗力)を保つためにはそれぞれのワクチンの性質に応じて一定の間隔で追加接種が必要です。

不活化ワクチンの種類