水ぼうそう

種類:生ワクチン・定期接種(以前は任意接種でしたが、平成26年10月から定期接種になりました)

予防する病気: 水ぼうそう(水痘)

水ぼうそうは、水痘ウイルスの感染で起こります。潜伏期間が約2週間あり、かゆみを伴う小さな赤い水ぶくれのような出来物が全身にあらわれ、発熱を伴う場合もあります。日が経つにつれて水ぶくれがかさぶたたになり、1~2週間でかさぶたか取れて完治しますが、かさぶたのあとが残ることもあります。

感染力が強く、5歳までに約80%の子どもが罹るといわれています。一般的には軽症で済すケースがほとんどですが、まれに重症化する場合もあります。また、妊婦が感染した場合、赤ちゃんが「先天性水痘症候群」等の病気に罹るリスクがあるので注意が必要です。

接種時期: 

1回目→1歳の誕生日の前日~3歳の誕生日の前日までの者。

2回目→1回目の接種から3ヶ月以上の間隔を空けて。

接種回数:2回

以前は1回でしたが、定期接種に組み込まれ2回接種が望ましいとされました。

水痘ワクチンは1回の接種により重症の水痘については、ほぼ100%予防できると考えられています

接種

皮下注射

副反応

もともと健康な子どもがかかった場合には、軽い病気とされています。しかし、白血病や腎臓病などで免疫が低下している子どもががかかると重症になってしまうことからこのワクチンが開発された経緯があり、その子供達が受けられるワクチンなので、副反応はほとんどないとされています。

ワクチンの成分
→ 水ぼうそうの成分についてを御覧ください

注意すること

一度水ぼうそうに罹ると、ウイルスが体内に残り、大人になってストレスや疲れなどから免疫力が下がったときに、帯状疱疹ヘルペスと発症する場合があります。神経痛を伴い痛みの大きさも個人差があります。この場合は早めに医療機関を受診して、ちゃんと服薬して治療する必要があります。