抗ウイルス薬やワクチン開発に進展あり?

2015年2月10日に、清水敏之教授(東京大学)、大戸梅治講師(東京大学)、内山進准教授(大阪大学)、エレナ・クラユヒナ特任研究員達で構成された研究グループによって発表されました。

人の体の中に微生物が侵入したことを感知して、人が持つ自然免疫応答を活性化される「TLR9受容体」の立体構造を解明したということです。

TLR受容体とは、Toll様受容体と言われるものです。動物の細胞表面にある受容体タンパク質のことで、いろいろな病原体を感知することで自然免疫を働かせる機能があります。自然免疫系は、人が生まれながらに持っている機能で、一般的な細菌やウイルスなどと戦うために備わっています。

私たちの体には、Toll様受容体と呼ばれるタンパク質は10種類あり、それぞれに特有なウイルスや細菌に由来する分子を認識しているとされています。多くの細菌細胞の細胞壁にあるリポ多糖を認識すると、炎症反応を引き起こします。この反応は、病原菌と戦うためのもので非常に重要な反応です。

つまり、私たちの体の中にはウイルスや細菌などに感染しないために、TLR受容体という免疫システムが生まれながらに備わっていて、それが大変重要なや役割をしているということです。

TLR9とは、TLR受容体の1つであり、微生物のDNA配列を感知してインターフェロンを産生させ、微生物や細菌などの増殖を抑えて免疫系を活性化させるように働きます。

TLR9が発見されて以来、抗ウイルス薬やワクチンの効果を増強するためにと、重要視され研究が進められてきましたが、TLR9がどうやって微生物のDNAを感知するのか、その仕組み自体は、今までわかりませんでした。今回、同研究グループが、世界で初めてその仕組みを解明したのです。

これらの研究によりTLR9を活性化するDNA配列と不活性化するDNA配列との結合の仕方が明らかになります。これによって薬レルギー薬や抗ウイルス薬)、ワクチンの開発が飛躍的に進展することが期待されています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>