DHCを含む7社に排除命令があったこと知ってますか?

これは2009年の事なので結構前の話ですが、興味深かったので書くことにしました。

2009年2月3日、公正取引委員会は、DHCなど製造販売業者7社に対して、景品表示法違反(優良誤認)に当たると判断し、排除命令を出したそうです。このニュース今まで知りませんでした。

この7社が製造販売していた商品というのは、「シャンピニオンエキス」入りの食品で、口臭・体臭を消す効果があると謳って販売していました。シャンピニオンエキスが体内で悪臭のもとになる成分を中和すると表示されています。しかしこれらの表示には合理的な根拠がないとの判断で、公正取引委員会より排除命令が出されたそうです。公正取引委員会は、表示の訂正と再発防止を命じたとのことです。

このニュースを読んで腹が立ちました。

臭いの悩みってほんと切実だと思います。自分が臭いかもしれないと思うだけで、外出するのが嫌になるし、人と会うことに積極的になれなくなったりと人生を楽しめないだけでなく、毎日そのことに気持ちが支配されて…本当にどうにかしたい、解決するのなら何でも試してみたいと藁にもすがる思いで商品を買っている人も多いのではないでしょうか。それまでにもいくつも商品を試しては効果がないとがっかりして、次こそはと期待して購入する人もいるのです。その気持ちをもっと考えて欲しいものです。

なぜ今回過去のニュースを書いたかというと、2009年に排除命令が出された商品でも、今だに効果がしっかりあるように宣伝して販売している会社があることに憤りを感じたからです。

排除命令の対象商品:

  • DHC「シャンピニオン」
  • 協和「シャンピニオンミラクル」
  • 健康の杜「爽臭革命」
  • デイ・シー・エス「スメルナース」
  • ベンシャーバンク「養蜂堂シャンピニオンエキス400」
  • グリーンハウス「楽臭生活」
  • 原製薬工業「爽やかえエチケット」

 

 

 

 

 

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>