期限切れワクチンを子ども8人に接種(宝塚市)

2015年4月2日、兵庫県宝塚市により、期限切れのワクチンを子ども8人に謝って接種したことを明らかにしました。

市内の5つの病院で、2015年3月13日~31日の間に、有効期限が最長で16日も過ぎた麻疹・風しん混合ワクチン(MRワクチン)を6歳児7人と1歳児1人の合計8人に謝って接種していました。これらは期限の確認を怠ったのが原因とのことです。

期限切れに気づいた病院から市の医師会に報告があったのを機に、3月25日に医師会が他の市内の病院に注意喚起し、市に報告したのは31日でした。

宝塚市によると、今のところ健康被害は生じておらず、また期限が1ヶ月ほど過ぎていても効果はあるということです。(それを言われて、はい、そうですか、とは決してならないと思いますが。)

市は「認識が甘かった。再発防止に向けた管理徹底の指導を図る」としています。

こういうミスは、確認一つでなくせるものだと思います。本当にちゃんと管理を徹底してもらいたいと思います。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>